J-Main

野毛ようことJAZZ ME BLUESバンドのホームページへようこそ!

日本のみなさま、そろそろ一年も終わりですね。いかがお過ごしでしょうか。

シカゴは零下20度(摂氏よ)が続いたかと思ったら、ぽかぽか暖かい(10度ぐらい)日が続くといった変則的な冬が続いています。

11月のツアーは、とても楽しかったです。シカゴからは今年80歳を迎

えたソプラノサックス奏者のクラーク・爺・ディーンと私。東京からはニューオリンズ・スタイルのジャズをやるソウル・フード・カフェのピアノ&

ヴォーカル、古川奈津子とテナーサックスの海付豊の参加。

(大阪から東京へ上京)

私の出身校、大阪の今宮高校の開校100周年記念事業で演奏させてもら

い、昔の同級生に数十年ぶりに会ったりしてぎゃーぎゃーやったあと、新宿のジャズフェスティバルに出演しました。お馴染みゲイバーの老舗、九州男は2度目

なのですが、いいですよね、いつ行っても、ファンキーで。スキンヘッドのマスター好きよ、私。

新宿ジャズフェスも、道でバンドがやってたり、ニューオリンズみたいに

マーチング・バンドがあったりで、おもしろかったあ。手作りで長い間続けていられるというフェスティバルで、我々のシカゴ・アジアン・アメリカン・ジャズ

フェスティバルにも通じるものがあって、嬉しうございました。みなさま、出演させていただき、ありがとうございました。フェスのあとは、そのまま九州男で

HIROさん主催のスイング・ダンス・パーティになり、歌って踊って、楽しみました。

東京は、そのあと、千葉のブルースクラブ「月」でした。ここのマスター

は、シカゴブルースのファンで、シカゴのクラブに行ったときの印象をそのまま店作りに生かしたとおっしゃってました。その通りで、何だか、入ったとたん、

なつかしーーーい感じがします。クラークも「何だか、シカゴにいるみたいやな」と言ってました。

横浜のサムズアップは、いかにもジャズクラブ。でもしっかりしてますよね、音響さんとか、日本は・・・。ピアノもちゃんとあるし、こっちのクラブはピアノも置いてないところが多くて、頭いたーくなりますもん。

(浜松はヤマハとうなぎ)

東京から今度は新幹線で浜松に行きました。毎年、私たちが日本に帰るた

びにコンサートを企画してくれる川島澄夫さんが今回も頑張ってくれました。奈津子ちゃんのお母様がこの辺に住んでいるとのことで、チケット販売に協力して

くださって、早々に売り切れごめんだったそうです。よかった。

浜松ではクラーク爺のリクエストでヤマハのサックス工場に見学に行きま

した。言いだしっぺのクラークはショーの前に疲れるといけないから、とパスしましたが、残りメンバーは「いくぜー!」と参加。いやあ、おもしろかった。管

楽器って、あんなにカンカン叩いて作るものだとは知りませんでした。量産品の場合は機械のところもあるけど、手作業が多くて、うーむ、まだまだ職人の世界

やないかあ、と感心いたしました。こりゃ、おおざっぱなやつはできんわ。じっと座ってるのが苦手なやつにも無理やろな。アメリカ人、一般的にむかなーい。

そうそう、うなぎ。おいしいねえ、浜松のうなぎって。それと、うなぎと

いっしょに出てきたお茶、これも何だか、わけわからないけどおいしいの。何だか豊かな土地柄ですなあ、浜松って。職人さんたちが育つためには、こういうお

いしいものが必要なのかもしれません。うなぎは昔の料亭のようなお店で食べさせてもらったのだけど、京都のお食べの人形みたいなおかみさんが出てきて、庭

の梅の木の話をしてくれたり、お座敷がすっかり、日本ムードになっていて、「ああーしあわせー、日本だあ」と、奈津子ちゃんたちと大感激いたしました。澄

夫さん、また連れて行ってねー。

大阪、おおさか)

うなぎのあとは、はい、そうです。串かつの大阪です。いつも、おいしい

ところに連れて行ってくれる貴重なお友達の、掛谷さん、ルミ子さん、せーいちさん、に、六角亭というとてもおいしい串かつのお店に連れて行ってもらいまし

た。串かつもそうやけど、このお店はパンを自分ちで焼いていて、また、これが、うまいの何のって。持って帰っていい?とお店の人に無理いって包んでもらい

ましたがな。

次はお好み焼き。塚本のブルースクラブの「ハウリン・バー」。マスターのつるさん、頑張っています。こういう色のあるクラブが好きです。私。

出演前に、駅前で腹ごしらえをしようと歩いていると、一杯飲み屋兼お好

み焼きやで、何か気になる光線が出ていたので、入ったら当たりでした。お母さんはおしゃべり好きのやさしい人で「今作ったとこやけど、食べはる?」とおか

らの煮付けを出してくれた。娘さんが早稲田出身で、奈津子ちゃんもそうなので話がはずみ、いろいろおいしいものを食べさせてくれた。お好み焼きはもちろ

ん、豚タマです私。盛り上がっているうちに、しゃべりのおっさん客が入ってきて、となりのおとなしく飲んでいる客をいじり始めた。お母さんは「あかんで、

その人にかもたら。おとなしいしてはるけどな、あんた、山口組系の幹部やでえ。頭で勝負してはるから、刺青もないし指も全部そろてはるけど、あんた、おこ

らしたらあかんでえ、こわいひとやでえ」と説教をはじめ、ヤクザのおにいさんは苦笑いしている。我々は、おっさん客より、おばちゃんのほうがよっぽどえげ

つないこというてるやんか、と笑ってしまった。

店に戻り、ハウリンユー子ちゃんら、キレイどころがそろっているバンドの演奏を聞いてから、ウチの番になり、楽しく音だしをさせてもらいました。なんか、何をやったかよう覚えてへんねんけど、異様に盛り上がったなあ・・・楽しかった、つるさん、ありがとうね。

次は初めてやるサントリーファイブという老舗のジャズクラブ。なっちゃ

んの知り合いのメンバーが探してくれました。ドラムのヒップホップやんちゃ系永田みちやす君、ありがとうね、楽しかったよ、一緒にできて。おやじさんが河

内音頭のお歌の名取りさんで、自分も太鼓をずうっと子供の時からやってるそうな。来年のシカゴ・アジアン・アメリカン・ジャズフェスに来てくれー、とお願

いしておきました。聞きたいなあ、おやじさんのお歌。

サントリーファイブはとてもいいお店でした。落ち着いていて、好きな人がずうっと支えているのやなあ、このお店を、と感じさせるものがありました。マスター、お世話になりました。またやらせてねえ。< 次は、おなじみキタ新地のミスター・ケリーズ。ここに来ると、大阪に 帰ったなあ、と思うホームグラウンドのような場所です。月曜日というのに一回目のショーは売り切れで、二回目もお客さんがいっぱいいて感激してしまいまし た。みなさま、ありがとうございます。わたしはうれしい・・・ いい気になって、カパカパ飲んで、ここでも、あまり何をやったか覚えていない。でも、楽しかったことだけは覚えていますです。メンバーのみなさま、こんな私と一緒に音楽をやっていただき、ご苦労さまというか、すんませんねえ。耐えていただいて。 新世界の串かつ) クラークを連れて、大阪では新世界の串かつを食べに行きました。なぜ か、新世界は観光地と化しておりました。若いねーちゃん、にーちゃんが、モツ煮やら串かつを頬張って、嬉しそうにじゃんじゃん横丁を歩くというのは、、、 うーん、なんやねん、いったい。ま、あたしも観光客みたいなもんやから、文句はいうまい。 並んでいる店が多いなか、比較的すいているところで串かつを食べる。クラークは大喜びでぱくぱく。外人は揚げ物がお好き。要は子供の舌なのよ。日本食でも子供が好きなものは好きみたい。もずく、とか、だめだね。 新世界を動物園前のほうまでさがって、飛田まで行きました。ここで銭湯 を発見。クラークをホテルにバスで帰して、私は一風呂浴びました。日本にくると、銭湯に入るのが楽しみ。温泉も大好きやけど、とおいもん。知らない街では 必ず銭湯を発見することを特技にいたしております。 それで、飛田の遊郭がどうなっているかと思い、歩いてみたらやっぱり健在でしたわ。ああいうとこはやっぱり都会に残っているべきものだと思う。ほっとしました。何だか。 そして京都) 京都の三条にあるLe Club Jazzというクラブで日経京都支社長の鈴木さんの仕切りでライブ。 昔、ヨーコブルースバンドでレコーディングしたときに入ってくれた(はず)、ウエスト・ロードの伝説のブルース・ギタリスト塩次伸二さんに会えて嬉しかった。 緊張しちまったよ、塩次さんいたから。 それはさておき、京都支局の岡松支局長がジャズ・ベース弾きで、一緒に演奏させてもらいました。なんか、「おおー、同志よー」って感じ(岡松さん、失礼)。日経にいる同士で、しかもジャズ奏者、お会いできてうれしうございました。鈴木さん、ありがとう。 このライブには、さすが京都!できれいどころのお姉さまたちがたくさん いらっしゃいました。着物を粋に着こなした方があちこちにいらして、ううーむ、他の街で、これはなかったなあ、正月でもないのに、と驚いた次第です。最後 はみんな盛り上がって踊りはじめてくれました。京都って、あんがい熱い。 最後は友人の和美さんの店、うたや) 我孫子在住のころ世話になった和美さんの店です。食べ物はやっぱりおいしい。わたしにとってはおねえさんのような人。久しぶりの友達にも会え、明日はシカゴという夜を満喫しました。 今回一緒に回った、なっちゃん、こと奈津子さんと、海ちゃんは、今回 で、何度目ぐらいだろう。一緒にやるの。シカゴのアジアン・アメリカン・ジャズ・フェスティバルにも来てもらった。女でしかもバンドリーダーというのは少 ないからというだけでなく、なっちゃんとは、やたらと気があうの(一方的に気があってるだけか)。年寄りをいたわってくれているのだと思うが、私が打ち合 わせ通りの曲を演奏しなくても「わかってるよー」と許してくれる。なっちゃん、うみちゃん、ありがとね。また遊んでね。 来年はどうなるやら・・福井県の友達が来て演奏しろ、といってくれています。 みなさんに、また、お会いできますように。 それまで、お元気でお過ごしくださいね。 シカゴにて、yoko Chicago meets New Orleans-Two Women In Jazz/Blues Bluesの本場シカゴで「Yoko Noge and the Jazz Me Blues Band」を率い、 日本人女性として初めてリーダーとして「Chicago Blues Festival」に出演した ピアニスト/ボーカリスト野毛洋子(piano&vocal)がシカゴのLiving Legend Clark Dean(soprano sax)と共に来日。共演はニューオリンズと東京を拠点に活躍する「SOUL FOOD CAFE」の女性リーダー、 ピアニスト/ボーカリスト古川奈都子とサックスの海付豊。 東京公演のみ「SOUL FOOD CAFE」の小森信明(tp) , 磯崎 丈(b)、平林義晴(ds)が参加。 大阪、浜松での共演は、古川奈都子とテナー・サックス奏者の海付豊 23日、25日は野毛洋子とクラーク・ディーンのデュオ 野毛洋子 http://www.jazzmebluesmusic.com 古川奈都子 SOUL FOOD CAFE http://www.geocities.jp/alligator_press/ 11/12(日)「新宿トラッドジャズフェスティバル」出演 共演 SOUL FOOD CAFE http://jazz.j-time.net/stjf2005/index.html 時間:14:00-16:30 同日夜(仮) 九州男(同じく新宿) スイングダンスのイベントにゲスト参加 18:00-20:00くらい。共演 SOUL FOOD CAFE 11/13(月) 船橋 無国籍料理「月」 http://www.blues-tsuki.com/ 〒273-0865 千葉県船橋市夏見 1-10-31 TEL&FAX:047-424-0706 open 7:00 show 8:00-&9:30- ¥2500 共演 SOUL FOOD CAFE 11/15(水) 横浜「サムズアップ」 http://www.terra.dti.ne.jp/~stoves/tup/ ADDRESS : 〒220-0005 横浜市西区南幸2-1-22 相鉄ムービル3階 TEL : 045-314-8705 OPEN 6:30 /show 7:30 & 9:15 charge: ADV¥3000/DOOR¥3500 共演 SOUL FOOD CAFE 11/17(金)磐田(浜松)コンサート 風の家ホール 磐田市匂坂中228−3 Phone 0538 38 1143 Fax 0538 38 2463 Open: 7pm, Start: 7:30pm 問合せ先:風の家 0538 38 1143、または 0538 66 2174(川島) 前売券\4000 当日券\4500 共演 古川奈都子 海付豊 11/18(土) ハウリン・バー 大阪市西淀川区柏里2−1−19 石川ビル2F(JR神戸線塚本駅下車 西出口を出て大阪方面に35秒) 電話)06 4808 2212 ファクス) 06 6471 6324 http://homepage2.nifty.com/howlin-bar/shop.htm 前売り \3500  当日\3800 open 7pm, 1st show 8pm, 2nd show 9:30pm 共演 古川奈都子 海付豊 モーリ 11/19(日) ニューサントリー5 http://www.mmjp.or.jp/live-info/shop/ns5.html 大阪市北区曾根崎2-10-15 曾根崎センタービル5階  TEL:06-6312-8912  FAX:06-6314-0267 共演 古川奈都子 海付豊 永田充康(ds)& Bass open 5:00 start show 6:00 & 7:30 8:30ごろ終了 ワンドリンク付き ¥3500 追加ドリンク¥500 フードは乾きもののみ 完全予約制 問い合わせ及び予約先 044-777-2080(フルカワ) Email 11/20(月) Mr.Kelly’s メンバー 古川奈都子、海付豊 永田充康(ds) 福呂和也(Bass) ★ 入 替 制 ★ 1st Open 17:30 Start 19:00 ★ 2nd Open 20:45 Start 21:30 ★ チャージ  3,500円 (税込み) 大阪市北区 曽根崎新地2-4-1 三井ガーデンホテル大阪 堂島1F TEL:06-6342-5821 FAX:06-6342-5822 http://www.misterkellys.co.jp/index.html 11/23(木)YOKO&CLARK in Kyoto 三条通りにある le club jazz  http://www.yoyaku-shop.gr.jp/shop/leclubjazz.html 11/25(土)Yoko&Clark  うたや。我孫子の一杯飲み屋 (詳細未定) Hi there, TSDS’ Chicago Super Swingin’ Ball 2006 will be held at Club Kusuo in Shinjuku on November 12th. Tokyo’s edition of Yoko Noge And The Jazz Me Blues Band will be performing for lindy hoppers in Tokyo. Yoko Noge and Clark Dean are coming here for this from Chicago, U.S.A. Plus, Natsuko Furukawa And Her Soul Food Cafe will also be featured. If you joined the event last year, you must know how it was real. If this is your first time, you should not miss it. This is REAL! ;p Check out the details at http://www.impetus.ne.jp . See you on the dance floor. Swingin’ is Believing Hiro, Tokyo Swing Dance Society こんにちは、上海ツアーについてのコラムをシカゴのニュースサイトに書きました。 読んでみてください。 リンクはこちらです。 http://www.odekake.us/index/topic_pro_noge_vol1.htm Yoko Noge & Jazz Me Blues